Kylie Cosmeticsの女子論!

女性は男性の目を通して自分を見るらしい。友人がある時、私に教えてくれた。だから、着飾るのだ、と。お化粧、洋服、バッグ、私たちはたくさんのお金をかけて、見栄を張る。こうなりたいから、こう見られたいから。もちろん自分のためにおしゃれをする人もいるし、オトコの為が全てではない。でも、この説には一理ある。長い髪が似合うと言われたから髪を伸ばしたのに、フラれたから髪を切る。ガーリーとトムボーイ。この命題における素直さと反逆性を象徴的に表しているような気がする。

そんな反逆性と素直さどちらをも兼ね備えたコスメブランド「Kylie Cosmetics」を弱冠19歳の女の子が立ち上げた。

彼女は、今アメリカでかれこれ10年近く続いてる大人気リアリティショー「Keeping up with the Kardashians」に出演しているセレブファミリーの末っ子だ。5人姉妹の中でも一番目立たない存在で、ユーモアはあるけど、取り立てて可愛いわけではないし、大きな夢があるわけでもなかったから、登場シーンは少なかった。しかし、ある日彼女はリップフィラーという唇を分厚くする整形手術を受けたことで、メディアが騒ぎ立て、一躍注目の的になる。「君の唇は小さいけど、キスは上手だね。君がキス上手だなんて思いもしなかったよ」と失礼なことを男性に言われたことが整形のきっかけだった。そんな彼女は自分のコンプレックスを認めた上で、リップとリップペンシルのセットを販売する。マットな色で唇を立体的に見せ、ペンシルでより綺麗な唇の形を作ろうとした。どのブランドでも見たこともない、媚びない色合いはさらに人々の心を惹きつけた。本当にとってもシックで、キスをしたくなるようなウルウルリップではない。しかしそんな彼女の静かな反発は瞬く間に爆発的な人気を呼び、ネットでは常に売り切れが続出している。ネットショッピングしか行なっていないのも特徴だ。日本であれば、送料一律1000円で送ってくれるらしい。

今の女の子を映し出すKylieのリップキット。要注目!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です