帰ってきたヒトラー

帰ってきたヒトラー

総合4年 伊東宏

youtubeで『帰ってきたヒトラー』の宣伝動画が毎回流れ、最初は面白そうだな、なんて思って見ていたが、毎度同じCMを繰り返し見せられるうちに、本編を見てもいないのにCMがしつこすぎてこの映画に嫌な感情が芽生えていた。そんな気持ちで映画館に足を運び、いざ鑑賞。

歴史上、絶対悪とされるあのアドルフ・ヒトラーがタイムスリップして現代に蘇る。しかし、存在するはずのないヒトラーはモノマネ芸人と勘違いされテレビで大ブレイクしてしまうのだが、ヒトラーはどこまでいってもヒトラーだったというストーリー。確かに笑える場面はいくつもあるが、設定がすでにブラック過ぎるモラルと背徳の狭間のギリギリのコメディであるが故に、これ笑っていいのかな?なんて考えながらも笑ってしまっていた。

未成熟な政治に対する批判や芯の弱い党首に対しての怒号、低俗なテレビ番組に対する憤りなど、世界一の極悪人のはずなのに、彼の発する言葉の数々が、至極真っ当で関心・感銘を受けてしまうことばかり。ただ、どこか決定的な歪みがあって、ふいに違和感を感じて、「あ、こいつヒトラーだったんだ」と急に現実に引き戻されるゾッとする場面があった。めちゃくちゃな題材なだけに、ちょっと間違えれば興ざめしてしまう危険性もあるが、要所要所でドキュメント風なカットをいれたり、何層にも入り組んだメタ構造を取り入れたりと、この映画のフィクションラインをあやふやにしていくので、入り込んで楽しむことができたと思う。

いざ見終わって見れば、とても良作だったと思う。最初にCMのしつこさから感じた嫌悪感はすっかりどこかにいってしまっていた。良い作品ほどCMは控えめにして欲しいなあ、なんて思いながら映画館をあとにした。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です